「強度近視の方に」
 皆さんこんにちは!楽しい

今日は近視の強い方へご朗報なニュースを書きますラッキー

そもそも近視の方のレンズは端の部分が厚くなります、

度数が強くなればなる程、端は厚くなっていきます。

メガネを作りたいけど、レンズの厚さが気になるなぁ・・・

という事で若い方でしたらコンタクトレンズにされるのが

殆どだと思います。

そんな方には是非今日のブログを読んで頂きたい!!

様々な対処方法があるのですが、その何点かを紹介します。イヒヒ

まず、単純にレンズの素材を薄くする事です。

レンズには屈折率というのがあって

屈折率が上がれば上がるほどレンズが薄くなっていきます。

一番厚い素材で1.50で薄い素材だと

プラスチックレンズでしたら1.76で

ガラスレンズだと1.90まで出ております。

当然レンズが薄くなればなるほど価格が上がってしまいますが・・・

それに-10.00D以上の度数の方でしたら

レンズの素材による効果がさほど出なくなってきます。

そこで、どうしたら良いかというと

レンズの端の部分をなるべく削って薄く見せる方法がありますニコニコ

業界用語で「マイナスメッツ」というものなんですが、

レンズの端の部分を視界にかからないくらいに

削っていき、磨き上げて、見た目にもキレイに仕上げていくのですが

この「マイナスメッツ」をすると見た目もだいぶスッキリ

見えるので、お客様にも大変喜ばれますラッキー

この「マイナスメッツ」加工は手作業で行いますので

かなりの技術が必要になります。

メガネのかとうでは¥7350でお受けしております。

気になる方は是非是非ご用命下さいませチョキ

他にもレンズを薄く見せる方法はありますが、

これはまた次の機会に・・・


真上から見るとこんな感じです、右が「マイナスメッツ」の状態です


アップするとこんな感じです


真下から比較するとこんな感じで


それをアップにするとこんな感じになります☆




ブログランキングに参加しています。
↓クリックありがとうございます


↓クリックありがとうございます
| メガネのかとう | メガネ | 10:27 | comments(1) | trackbacks(0) | -
http://blog.meganenokato.com/trackback/892315