メガネ語
メガネブームで、おしゃれとして、ファッションとしても眼鏡が注目されています。

そこで、眼鏡屋さんで自分の好みの形をリクエストする場合に知っていると便利な

「メガネ語」 を紹介します。

< メガネの形編 >

左から、クリップオン、ワンポイント


■クリップオン
ワンタッチで装着できる構造のもの。跳ね上げ式のものもあります。これからの季節晴れにとても便利。当店お勧めのオーダーメガネのアイメトリクスにもこのタイプがあります。

■ワンポイント
レンズをブリッジ(2つのレンズをつなぐ場所)部分のみでとめている形のもの。リム(縁)のないものはツーポイントといいます。


左から、ワンシールド、ナイロール


■ワンシールド
ブリッジがない1枚レンズのメガネです。スポーツタイプの眼鏡としてよくみられます。

■ナイロール
レンズ側面に糸を通して固定しているもの。下方にだけフレームがあるアンダーブロウメガネもこのタイプ。メガネをかけている顔の印象がガラッと変わります。ハーフリムともいわれます。

左から、ブロウ、オーバル


■ブロウ
ナイロールと同型。眉形ともいう。上部だけにフレームがあるタイプのものです。さっぱりした顔の人でも印象を与える濃い顔に変化します。

■オーバル
楕円形の卵型のものです。以前からあるスタンダードな形で掛ける人を選ばないオールマイティの眼鏡です。


左からフォックス、カールトン


■フォックス
目じりが上にあがっているタイプのもの。教育ママ、ザマス風ですが、最近では多くの芸能人もしていて大人気。ファッションレベル上級者の方に。

■カールトン
メガネの上部ラインが直線のものです。一文字型ともいわれ顔が引き締まってみえます。


左から、ティアドロップ、スクエア


■ティアドトップ
名前の通り、涙型のもの。目鼻立ちがハッキリしている方にお勧め。西部警察銃 など昔のドラマでのサングラスのかたち。最近この形の眼鏡をされている芸能人がおられます。ちょっと古い感じが、逆に新しい印象を受けました。

■スクエア
その名の通り、四角のもの。長方形に近いものはパリジャン、正方形に近いものはウェリントンといいます。顔がシャープな印象になります。


さて、あなたは気に入った形ありましたか?

これで、あなたも 「メガネ語、形編マスター」 です拍手


メガネはわずかな形の違いで顔の印象も大きく変わってきます。

「こんな形を試してみたい。」
「大事な会議で、きりっと!できる印象の眼鏡を・・・」
「次のデートで、プロポーズ!優しい印象を与える眼鏡を・・・」


是非、メガネのかとうにご相談ください。

ブログランキングに参加しています。
↓クリックありがとうございます


↓クリックありがとうございます

| メガネのかとう | サービス | 08:25 | comments(1) | trackbacks(0) | -
http://blog.meganenokato.com/trackback/536626