「くもり止めQ&A」
  皆さんこんにちは!

ここ最近、インフルエンザの影響か、

マスクをしている方が多いように思えます。

春になれば、花粉症予防のため、マスク着用者が

益々増える事でしょう。

そして、メガネ使用者にはマスクは天敵となります。

何故ならレンズが曇ってしまうからです!

そこで、今回はレンズのくもり止めクリーナーについて

アレコレ書きたいと思います

因みに今回の文章は、

メガネメーカー「ベストビジョン」さんの冊子からの抜粋です。

「ベストビジョン」さん、ありがとうございます!!

それでは、くもり止めQ&Aスタート!!


Q:レンズは何故曇るの?

A:冬の寒い時期に、外から暖かい室内に入った時など、
  レンズが曇ってしまうことがあります。これはレンズの
  温度が、室内の温度よりも低いため、空気の中に含まれる
  水分が、空気を取り込み細かい水滴と共にレンズ表面に
  付着します。この時に、細かい水滴と空気に光が乱反射
  して、くもり現象となります。


Q:レンズにくもり止めを使用すると、何故くもらないの?

A:くもり止めの成分は、レンズをくもらせる原因の空気と
  水滴両方に作用します。空気を追い出し、付着した水分を
  水滴ではなく膜にしています。その為、光が乱反射する事が
  ないので、くもり現象は生じません。


Q:くもり止めの効果は?

A:温泉や風呂場などの湯気がたくさん出ているような場所では
  短くなりますが、一般的な使用方法であれば、だいたい
  5日程度は持続します。


Q:くもり止めの使用上の注意は?
  
A:くもり止めは、吹き付けた後に軽く広げ、液が乾いてから
  柔らかい布やティッシュなどで拭きあげます。この時に
  専用のメガネ拭きは使用しないで下さい。メガネ拭きは
  拭き取り性能が高く、コーティングされているくもり止め
  成分も取り除いてしまいます。


Q:メガネクリーナーとの併用はOKですか?

A:クリーナーでレンズをキレイにしてから、くもり止めを使用
  すると、効果が高くなります!これは、きれいな表面では
  くもり止め成分が、より定着しやすくなり持続性が高く
  なる為です。更にホコリ等の付着を防ぐなど、クリーナー
  としての効果も高くなります。


Q:使用できないレンズはあるの?

A:レンズに鏡面加工されているものや、くもり止め加工が
  されているもの、水中ゴーグルには使用できません。
  また、花粉ゴーグルには予めくもり止め加工がされている
  ものが多いですが、だいたいは内側だけにくもり止め加工
  されているものが多いようです。その為、外側はくもって
  しまいますので、外側にくもり止めを使用する事によって、
  快適な視界が約束されます。


いかがでしょうか?

その他、わからない事がございましたら、

ドンドン「メガネのかとう」まで質問して下さいね〜


当店のオススメくもり止めは、「パールCジェット」!
くもり止め効果はバツグンですよ〜☆
価格は¥1008となっております



よかったらポチッとして下さい



コチラもヨロシクです





| メガネのかとう | その他商品 | 09:33 | comments(0) | trackbacks(0) | -









http://blog.meganenokato.com/trackback/1119958